安全性にこだわって出会い系サービスを選ぶ

友人の結婚を素直に喜べない自分

まだまだ余裕があった20代友人の結婚を素直に喜べない自分安全な街コンと手軽さのマッチングアプリ

とらえ方が変わったのは30代前半頃からで、妬み嫉みの気持ちが芽生えてきて心の底から友達の結婚を祝えなくなるという状況に陥ります。
友達がSNSなどで嬉しそうに結婚報告をしているに対してコメントをするのも面倒になり、結婚式や披露宴や二次会やパーティーに行く際も、祝う気持ちよりも出会いを期待している気持ちの方が強くなっていて自分のことが嫌いになりそうでした。
私がこんな気持ちになるのは出会いの少なさが原因だとわかり、地道に婚活を頑張ろうという意識がわくようになります。
とは言え頑張り方がいまいちわからず、とりあえず出会い系サービスをいくつか利用してみることにしました。
待っていても誰かが理想の人を紹介してくれたり合コンを開いてくれたりするわけではなく、日常生活の中にも出会いのチャンスはどこにも転がっていないので、お金を払ってでもチャンスを拾いに行かなければなりません。
出会い系サービスには様々なものがありますが、私は安全性にこだわって選びました。
私が選んだサービスは、街コンとマッチングアプリです。
リアルな出会いを街コンで、ネット上での出会いをマッチングアプリでという使い分けで頑張りました。