安全性にこだわって出会い系サービスを選ぶ

まだまだ余裕があった20代

まだまだ余裕があった20代友人の結婚を素直に喜べない自分安全な街コンと手軽さのマッチングアプリ

私が婚活の必要性を強く実感し始めたのは30代に突入してからで、それまではいつでも結婚出来ると高を括っていました。
学生時代はインカレサークルに入っていてアルバイトもしていて趣味のコミュニティにも積極的に参加していたので、出会いに困るということはありませんでした。
合コンに誘われることも多くてそれなりに恋愛を楽しんでいました。
大学を卒業した直後はまだ学生のノリがあって社会人でも頻繁に学生時代の友達と会っていて、出会いが少ないなと感じることは無かったです。
そんな生活が長く続くと信じていたあの頃の自分はなんて愚かなんだろうと呆れますし、いつでも結婚することが出来るという根拠のない自信はどこから来ていたのだろうと、高を括っていた自分に対して情けなさや不甲斐なさを覚えます。
それほど今の私は出会いが無くて結婚をすることの難しさを痛感しているということです。
20代後半に身近にいる同年代の友達が次々と結婚していき、私の周辺でちょっとした結婚ラッシュがありました。
そのときはまだそれほど焦りや危機意識などは感じておらず、素直に心から祝う気持ちがあり御祝儀やプレゼントを渡したりパーティーに参加したりするのもおめでたくて楽しいことというとらえ方でした。